ちょっと変わって来たね。

妻は全然変わっていないと、言うが、僕は陸に変化が出ていると思う。それは、昨日、陸を呼吸器内科に連れて行った時のこと、僕:「陸、早く、起きろ!!今日はディに行く前に病院に行くんや」陸はトロトロと起き出し、顔を洗いに行く。そして、またTVを付けながら朝食を取る。僕:「陸、はよせな、間に合わん。ディにも昼からになるぞ」陸:「分った。」と、行動は遅いが、こちらの言うことを聞いてくれる。少し前までは文句ばかり言って、僕に反抗していたが、自分が納得できることは、文句を余り言わなくなってきた。僕ら夫婦が危惧しているのは、障害があると、人の気持ちなど、気配りができない。相手の気持ちなどお構いなしの行動、自分のことだけを考えた行動に周りが愛想を尽かし、離れていくことだ。僕ら夫婦は確実に陸より先にこの世からいなくなる。そのために、1人で生活できる能力を今の内に尽けて、将来は普通に結婚もして欲しい。(ご批判は色々あるでしょうが、、)そのための「自閉症脱出プロジェクト」だ。小さい頃は身体的な側面を治さなければならなかったが、今は、脳の能力、また、自分で考える能力を向上させる必要がある。そのためには、僕自身、変わる必要があるのだが、口ばっかりで、自分革命は中々進まない。それでも、今日の反省ばかり、考えても前には進まない。マイナスは0に近づいても、プラスになることは無い。プラスに転じるのは逆転発想だ。ものごとを逆から考える能力だ。以前、コーチングの本で、「察しの悪い親になる」というのを読んだ。「子供の話を察しよく聞く」ことは…

続きを読む

療育手帳と障害枠

妻のつぶやきです。 陸が小さい頃、療育手帳の取得を躊躇した時があった。保育所に入る時も障害枠を使って入所したが、療育手帳や障害枠の利用で将来マイナスになる事はないだろうか、そんな事を思っていた時期があった。結果的には、もっと早く取得すれば良かったと思っている。迷っている人がいたら、利用出来るものは上手に利用するのがベストだと思います。保育所なんて、競争率が高く障害枠を使ったとしても難しいですよ、と言われたが第4希望の保育所にギリギリ入所できた。療育手帳は、たとえ重度中度の判定が出ても、特別児童扶養手当が出るのです。保健のきかないバカ高い検査代や、サプリ代がまかなえると、プラス思考で考えればいいのです。保育所も障害枠を利用して、お母さんは疲れた身体を一休みする時間が必要なのです。子供はまだ小さいのに可哀想だと、当初、私も思いました。でも、そんな事はありません。お母さんがストレスや疲労で倒れてしまうと、元も子もないのです。地域の無料カウンセリングにも月一回を2年ほど通いました。心理士に話を聞いてもらい、心をリフレッシュしなければ潰れそうでした。母親は体力的にも精神的にもキツイ立場に立たされていると思います。公園やスーパーの買い物の時も、そりゃもう疲れてこっちがクタクタになります。精神面でキツイのは、子供がトラブルを起こした時、母親が、やおもてに立つ事ではないでしょうか。直接クレームを言われ、それを対処する母親と、その話を今日の出来事として家で間接的に聞く主人とはストレスの度合いが比較にならないほど違…

続きを読む

え!中学生?

あれから、陸との衝突は続いている。昨日も衝突した。いくら説明しても屁理屈をこね、こちらのいうことを理解しようとしない。「うるさい、じじい!出て行け!」自分の立場も理解せず、自己中心的なのにも程がある。あまり、しつこく言われると僕も切れ始める。どうすればいいのだろうか?僕が変わるしかないのだが、しかし、陸自身が変わるきっかけは訪れた。先週、陸にチョコレートをくれた、S実ちゃんと、昨日、約束したみたいで、今日、10時に約束していたみたいだが、陸は他の用事で、10:20 位だろうか?現地に着いたのは、そんな時間になれば当然、相手は帰ってしまう。僕達がそんなことを説明しても、陸は自分で経験しなければ分らないだろう。その言葉のとおりのことを陸は経験している。そして、すぐに電話がかかって来た。「パパ!この前もらった手紙にS実の電話番号が書いているから、教えて!」やれやれ、僕は教えてあげたが、その後、陸はしばらく帰ってこない。どうやらS実ちゃんと合流はできたみたいだが、図書館に行ってたらしい。後から、ウチに来た時、S実ちゃんに聞いて分ったが、S実ちゃんは中学2年生だ。「え~!3つも年上、陸は小学生だぞ」。自閉症児は男の子より、女の子の友達が多いとよく聞く。でも、学力が普通なら、陸など、見向きもしないとだろうと親は思うのだが、この現実はそうでは無いことを物語っている。このS実ちゃんは陸なんかとは全然タイプが違う。小さくて、可愛らしい女の子だ。最初は恥ずかしいだろうから、S実ちゃんの女友達2人と一緒の行動だが、その…

続きを読む

バレンタインデー

僕は始めて、チョコレートをもらったのは、23歳の時、初めて彼女ができた時だった。しかし陸は、小学校5年生で初めて貰った。しかも告白付きだ。陸は確かに顔はいい。僕の小さいころに似ているが、僕はこんなにもてなかったぞ。女の子の手紙には「陸、私が嫌い?陸の気持ちを聞かせて!!」と書いてある。昨日、陸が持って返ってきたこの手紙とチョコレートで、緊急家族会議だ。手紙には陸がまだ読めないような難しい漢字がたくさん使ってる。ママが読んで、聞かせた。多少、ADHDの気がある子みたいだが、学力は普通みたいだ。陸が自分よりはるかに頭が悪いと知ったら、引いていかないかな?そんな僕がしなくていいような想像をしてしまう。女の子の手紙には自宅の電話番号、そして携帯の番号が書いてある。陸にその女の子をどう思っているのか聞いて見ると、「別に普通」との答えだ。この女の子の告白で、陸に何か変化があればいいのだが、親が干渉することではない。しかし、他人への思いやり、人間関係の構築に問題を抱えている陸、この先、お前が抱える問題は間違いなく「他の人が考えていることが分らない」だ。大人の僕も苦手な分野だ。しかし、僕はある程度、次の展開は予想できる。今までの経験上だ。女の子は間違いなく、陸の返事を心待ちにし、次の陸の行動で敵にも、味方にもなる。僕の本音は「少々、好きじゃなくても付き合え!!お前の人生の中で大切な女の子になるはずだ!」なのだが、そういう指導を僕はできない。今はまだ陸と衝突することが多いからだ。ママに任せるしかない。ママの女性の立…

続きを読む

スルフォラファン

スルフォラファン について調べてみた。よくテレビでやっているファイトケミカルの1種で、体内の解毒酵素や抗酸化酵素の生成を促進し、体の抗酸化力や解毒力を高める。特にスルフォラファンはがん予防の研究を専門とする米国ジョンズ・ホプキンス大学のポール・タラレーらは、さまざまな植物成分を調査した結果、ブロッコリーに含まれるスルフォラファンにがん予防効果があることを発見した。僕が今回、着目したのは、この前、陸がインフルエンザによる高熱を出した後、このHSP(ヒートショックプロティン)による細胞の修復作業はいつもの陸のトロさをカバーしてくれた。BDNF遺伝子変異を補えるのが、これなのか?ウィキペディアでは//-------------------------------------------------------------------------肝機能スルフォラファンが体内に潜在的に存在する解毒酵素を活性化することで、肝臓の解毒力を高め(解毒作用)、肝機能の向上(肝障害抑制など)に寄与する、という研究結果もある。新陳代謝スルフォラファンは体内に摂り込まれると、抗酸化酵素の生成を促進する。これによって、グルタチオンを抗酸化物質として損失することなくDNA合成の材料として使うことができる。また、スルフォラファンにはグルタチオンの生成を促す作用もある。その結果、細胞分裂が活性化され、新陳代謝を上げることができる。 //-----------------------------------------------…

続きを読む