卒業

桜
陸もこの春、長かった小学校を卒業した。
新型コロナの影響で人数を大きく減らした卒業式だったみたいだが、
無事に卒業式ができた。
進路は地元の中学校だ。
これから3年間で陸がどう変わるか?それで、ある程度の陸の将来は決まってしまう。
精神的にはこの1年間、大きく変化しましたよ。
大きな変化は自分のことは自分でするようになってきたこと。

ディサービスの相談員、3つ年上の陸の(彼女?)も尽力してくれたと思う。
もちろん、学力的には全然なのだが、それでも、色々なことが動き出したように思える。
世間は今、新型コロナ一色で、学校はずっと休みだった。
僕は何とか新型コロナの影響を受けずに仕事ができ、しばらく忙しかった。
小学生から中学生に代わるに当たって、電車料金も大人料金になる。
精神的にも色々反抗的になる。
それは大人への自立を始めた証拠だから、反抗的な態度は嘆く必要は無い。
陸が保育所の時に始めたバイオメドはそれなりに効果はありましたよ。
小学生の時、ず~っと、僕と妻がサプリの種類などを調整してきましたけど、
これから少しづつ、陸に教えていくつもりだ。
もちろん、陸に理解は難しいだろう。それでも、この先、僕たちがいなくなった時のことも
視野に入れて考えなくてはならない。
一人っ子の陸がこれからどうやって生きていくか?
自分で考え、決定しなくてがならない。
自分ですべてのことに責任を負わなければならない。
これが自立ということだから。
これから先、どうなるか分からないが、希望の光もある。
3つ年上の陸の(彼女?)だが、この春、無事に希望の高校に入学したみたいだ。
3っ離れているから、陸と同じ学校になることは無いが、
それでも、彼女の行く学校など、陸にはとても参考になる。
もちろん、彼女の両親の心情などを思えば、とてもとても陸などお勧めできる代物では無い。
事実、母親(ママ母みたいだが、)には反対されている。
しかし、最近その女の子ははスマホを持ったみたいで、陸にガンガン、LINEを送ってくる。
イマイチ、理解力の無い陸はしょっちゅう「どういうこと?」と尋ねているみたいだが、
普通の人間ならイライラして、「もういいや」となるのだが、
この女の子はやっぱり、陸が好きなのでしょうね。
確かに陸は顔は男前だが、精神も子供、学力は無い、どこがいいのか、
僕には理解ができないが、親としては末永く、陸の傍に居て欲しいと思う。
陸もLINEで少しづつ、漢字も覚えてきたみたいだ。
ディサービスの相談員と月1回は相談しているが、この春は陸を入れて、家族会議が必要だ。
議題は
1.この春から自分の部屋で寝ること。
2.スマホのルールの明確化
3.陸との約束で、中学生になったら、ICOCAの購入、ルールの明確化。
4.僕たちの課題として、陸へ漢字をもっと覚えるように、語呂合わせのイメージを大きくすること。
例えば働くとは人偏に動くと書く。「人が動くから」働くなんだよとイメージすること。
また陸に「どういうこと?」と言われそうだが、今までそう教えようとしても、全然だったが、
今ならこのイメージ力のトレーニングは少しは使えそうだ。

まだ軽度の知的障害はあるが、それでも、陸は僕たちが居なくなっても生きなくてはならない。
陸と僕との関係もまだしょっちゅう、ケンカしているが、僕も彼を認めつつ、
親として、彼を突き放す、放っておく、自分は自分でしか育てられないことを
気づいてもらいたいと思う。
陸が保育所の時に始めたこの「自閉症脱出プロジェクト」は成功とは言い難い。
それでも、陸の人生は喋れようになった時、大きく変わった。
このブログを書く回数は減ると思うけど、また書きますよ。
陸の成長があるたびに!!
失望の中にいる人が少しでも希望を持ってくれたらと思います。

この記事へのコメント