ママ)正直、心は疲れている

1546674879078.jpg
先月、子供が通うデイの相談員から『お母さん、我慢のしすぎですよ』と言われた。
第三者から見ると、私は疲れて心がパンク寸前のように見えているようだ。
そんなに危なっかしく見えるのだろうか。

子供の事でやりたい事を諦めたり、我慢するのは日常茶飯事になり、自分ではあまり気付かなかった。

いつものように日常をこなし、仕事もしている。
ただ、日常で楽しいという出来事があまりない。

子供はもちろん可愛い。
喜ぶ顔も見たい。

しかし、自分勝手な所や、癇癪をおこす所、約束や時間を守ってくれない所。
これらの一つ一つがストレスとして積み重なり、一緒に居ると疲れを感じてしまう。

ケンカの原因になっているDSゲームは先月から取り上げた。

スマホも本来の目的と違う使い方(ゲームやユーチューブ)なので、制限をかけた。
こんな簡単な約束や時間も守れない子は、スマホやDSを持つ年齢に達していませんと、引導を渡した。

TVも見たい時は、見る事にした。
いつも子供優先で、私は録画した物を後でゆっくり見ていた。
いつの間にかそれが当たり前になり、陸は人に譲るという事をしない。
人に譲ってもらって当たり前の感覚になっている気がする。

朝に水で顔を洗うのは冷たいので、お湯を沸かして用意していたが、うっかり忘れてしまった時があった。
準備に手間取り、学校に遅刻する!!とボロクソに言われ、それ以降、お湯のスタンバイを放棄した。
当たり前のように用意されていると、出来ていない時に、こうもボロカスに言われるのか。
感謝の心が全く、無い。

それ以降は、少し譲ってくれたり、ありがとうの言葉がちょっと増えたような気がする。
しかし、それは『少しだけ』で、まだまだである。

我慢はあまりしないようにとは思っているが、性格的な事もあり無意識にしてしまう事も、まだまだある。
それはやはり、欲しい物かもしれない。
金銭的な事もあり、自分の買いたい物は一番後回しで、子供や主人の物を優先してしまう。

今年は、ひらかたパークのイルミネーションを見に行く予定だ。
結構、キレイで穴場かもしれない。
ネットで入場券も格安でゲットした。
子供はおばあちゃんに預けて、二人でゆっくり楽しもうと思う。

入場無料券は4枚あるから、やっぱり陸も連れて行ってあげようか…と、私が仏心を出すと、主人が
『本来の目的はイルミネーションなのに、陸を連れて行くと、ママの為のお出掛けが本末転倒になる』
そう言われ、やはり当初の目的通り、二人で行く事にした。

仕事の都合や、諸々の事情でひらかたパークのイルミネーションに行くのは雲行きが怪しくなって来ました、。
行けるか、どうか、うーん。

今回は、陸の為の我慢は自分の為にも、陸の向上の為にもプラスにならない。
と、言うことで、少し意識改革をして変えていこうと思います。

この記事へのコメント