陸のこの夏の成長

桜
キッズディの相談員には陸はこの夏、「大きく変わって来た」と言われているが、
「陸の何が変わった?」と自分に問いかけて見ると、
1.自分のことは自分でするようになった
(寝る前にまだトロトロやってますけど)
2.イライラしても、音楽などをヘッドフォンをして大音量で聞き、
自分で処理するようになってきた。
、、、、そうか、これは、Kちゃんの影響か?少しは他人を見て、考えるようになってきたんだ。

僕もママもまだまだだ思うが、それでも、陸は自分の足でうやっと、
歩き始めた。
陸の何が一番問題かというと、障害児の親にしか分らないが、
やはり理解力の無さが大きいと思う。健常な子供なら、自分で想像し、練習し、
少々の問題なら難なくクリアーしていくが、これができないから、
僕達は常にイライラしどおしになる。
「こんなこともできないのか!バカが!」
とつい、酷い言葉を言ってしまいす。
今はもう、小学校6年生で、中学生になれば、周りの言葉、態度も
今までとは比べ物にならないほど変わっていくだろう。
陸が一番、弱い部分、「考えること」、
僕は陸に言う。
「自分の行動でどういう結果が出るか常に考えるんや!」と。
陸が小6で、余りにも幼すぎるので、よく僕と陸はケンカになる。
言うこともなかなか聞かなくなってきた。
ま~、いつも怒ってばっかりの僕に対してそうなるのは当たり前かもしれないが、
それでも、この家で暮らす以上、最低限のルールは守ってもらう。
常々言っている「変わっていくんだ!!」
中々、難しい。

さて、最近の変化としては、サプリの話からだが、
陸が4歳の頃からバイオメドを始め、毎日、大量のサプリを飲んできたが、
その大量のサプリも一生、飲み続けるのではなく、
時と共に、陸の身体の状態と共に、変わっていく。
やっと、長い間、飲み続けていた、腸内治療の補佐的な薬を止めれた。
何回か、止めて、止めようとしたことは何回もあったが、
その度に、陸の調子がおかしくなってきて、切れやすくなったり、
落ち着きが無くなったりした。
今回は止めていても、落ち着いているし、便秘などの症状も無い。
長かったな~、7~8年は使ったか。
これもカゴメの「スルフォラフォン」の力か?
再生しようとする力のものすごさか?
早く使えばよかったね。ま~、今まで、そのような状況でなかったのかもしれないし、
陸は自閉症治療のありとあらゆることをしている。
身体内の水銀/毒素の濃度を下げることに始まり、キレーション、
そして、腸管治療、便移植まで行っている。
小学校高学年からは、心理的なアプローチが大切と気付いてからは、
僕も変わらなくてはならなかった。自分で「変わった」なんて、
自信も持って言えないが、それでも、変わって行かなくては、
陸も僕もここで止まったままだ。
すぐに怒ってしまうところも、何とか我慢だ。
陸に「自分で責任を取る」ことを学ばせる機会の1つ、「キャンプ」も
度重なる2回の台風の発生で、10月の予定にまでなってしまった。
もう寒いぞ~。
ママが小学校の参観などに行って、陸の進路のことも聞かれているきたいだが、
キッズディの相談員とも話し合っているように、地域の小学校の支援クラスだ。
キッズディの相談員によると、支援学校などはぬるすぎて、将来の進路の幅が
狭まり過ぎるそうだ。
この辺が、他の障害児の親と、僕達が意見の分かれるところだ。
まだまだ、覚えている漢字も少なく、本がまともに読めない陸だが、
それでも変わってもらう。そうしないと、この先、陸は成長できないからね。
せっかく知り合って、陸の成長に大きく尽力してくれた中学生のKちゃんとも
離れなきゃいけなくなるからね。
頑張れ!!陸!!

この記事へのコメント