2つの問題

桜
現在の陸の問題点は大きく分けて2つ、
一つ目は陸のBDNF(脳由来因子)遺伝子の変異の問題だ。
(+/+)の問題を何とかしないと、未だ抱えている知的障害の問題を克服できない。
克服できるような問題ではないことは分っている。
じゃあ、陸にこのまま大きくなって、バカみたいな奴に利用されろってんのか?。
いいやそんなことはさせない。何か手があるはずだ。
この前TVで「インハンド」で遺伝子ドーピングの話があったが、
CRISPR-Cas9「クリスパーキャス9」と呼ばれる遺伝子編集技術だ。
これは前に調べたことがあったが、
gRNA(ガイドRNA)とCasタンパク質(Cas,Cas9)で複合体を形成し、
このgRNAがゲノム上の標的配列をみつけると、Cas9ヌクレアーゼが
ゲノムDNAの両鎖を切断し二重鎖切断が生じさせ、遺伝子配列を書き換えるものだ。
しかし、未だ、研究中で、狙い通りの遺伝子配列を編集する技術まで到達できていない。
オフターゲット作用(変異)により、
本来期待していない部位に挿入欠損変異が生じ、得られた表現型が損なわれる可能性もある。
ドラマではリンパ節の問題が出ていたが、そのような場面に直面する可能性は極めて高い。
この技術は到底人間にまだ、使えるものではない。
以前に、梅干を食べると、ミトコンドリアが増えるということを書いたことがあった。
それはミトコンドリアだけに留まらず、遺伝子:pgc1-βの活性を促し、
脂質の代謝を促し、運動したのと同じような作用がもたらせる。
このことが結果としてBDNFを増やすことになる。
それは運動をすると、BDNFが増えることが確認されているからだ。
しかし、陸はそんなに梅干を食べているか?
食ってね~、前に、サプリに梅の果実を入れて、与えていたが、
いつのまにかやらなくなってしまった。
もっと梅を食べるいい方法は無いか?
陸はふりかけで「ゆかり」は好きで、結構食べるが、
このゆかりに梅干を細かく切って混ぜるか?
でも、冷蔵庫でしか保存できないな~。面倒だがそれしかない。

さて、二つ目だが、それは、「約束を守らない」という問題。
例えば、テレビ、ゲーム、「19:00まで」とか言っても、勝手に時間を
延長するし、正にやりたい放題だ。陸の中ではパパ、ママの存在は
自分より下にあることになってるそうだから、このようなことが
発生する。
これは2年位前から、ディサービスの相談員に言われていたことだ。
ずっとこのままでいい訳ない。他人のことを思いやったり、自分で努力することを
学ぶには、今、そういうことを分らせないと、何も変わらない。
将来、僕らが、陸自身が困ることになる。
そう考えた僕達はまず、陸がよくやってるスマホに制限を欠けることにした。
あんしんフィルターというフィルタリングサービスだ。
時間単位で、スマホを使用できないよう制限をかけれる。
大騒ぎをすることも、この数日あったが、陸が幾ら騒ごうと
そんなものに負けれるけ~、「約束を守ります」これはウチのルールだ。
これができないと、ありとあらゆることに影響してくる。
陸は最近、小学校の支援教室にあるキーボードに興味を持ち、
よく触っているそうだ。
「家でも同じものが欲しい」と言っている。
指先を動かすことは脳の発育にすごく良い。
だから、小さい頃からピアノを習わせる親は多い。
陸にこのキーボード、買ってやるつもりだが、とにかくこの「約束を守る」
ということが、それなりにできるようになってからだ。

ちょっと調べると
人間として生きていくのにIQは大切だが、
それに加え、
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
「HQ(人間性知能)という知能が重要と証明されているのですが、さまざまな習い事や余暇の過ごし方の中でも、
すべての実験においてダントツにHQが向上するという結果を出しているのがピアノの稽古なんです」
HQとは?
「簡単に言えば、“人間らしい人生を送るための脳力”のことで、夢や目的に向かって適切に行動する能力“未来志向的行動力”と、
理性・思いやり・協調性を身に付けてうまく生きる能力“社会関係力”です。
つまり、HQの向上は、夢の実現や社会的成功、良好な恋愛や結婚生活、
さらには運動能力や器用さ、言語能力、IQの向上にまでも繋がるんです」
ピアノを習うだけで、こんなにいいことがあるとはまさに驚きですが…。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
正に僕達が陸に持ってもらいたい能力じゃないか?
更に「ピアノは脳の構造まで変える!?」
とある。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
さらにHQの向上だけにとどまらず、ピアノは脳の構造まで劇的に変えてしまうという効果も証明されているそう。
「ピアノのレッスンを続けることによって、脳の監督役でもある前頭前野が構造的に発達し、
HQの長期的な発達につながります。また、脳梁(のうりょう)と呼ばれる部分が太くなり、
左右の脳のバランスがよくなるんです。まだまだあります。
小脳も大きくなり、運動機能や知的機能、感情的機能までもアップします。
さらに、海馬とよばれる部分が発達し、記憶力がアップするので、学力向上につながります。
つまり、ピアノを習うことによって、脳機能をまんべんなく育て“地頭”をよくすることができ、
スポーツや学力まで効果を及ぼすんです」
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
これは、絶対陸にやらせるべきだ。そう考えたのは過去にもあったが、その時は陸がピアノに興味を持っていなかった。
「千里の道も1歩から」だ。
ここまで来るのにも何年もかかった。更に道は続く。気が遠くなる話だけど、それによっては、
将来にも希望が持てる。
障害児の場合、小学校6年位になると、一緒に遊ぶ友達がいなくなり、一人で遊ぶことが多いそうだけど、
陸は小学校6年生になるまえに、中学生の(彼女?)女の子の友達ができ、今も、部屋で、遊んでいる。
末恐ろしい話だけど、一人っ子で兄妹のいない陸にとっては、友達はありがたい存在だ。

この記事へのコメント