気になること

桜
陸の治療は順調だ。何が気になるって、、
サポートしている人達のことだ。
わずかな人数だが、その中で本当に改善する見込みの人はごくわずかだ。
なぜ、そうなるかというと、僕がサポートしても、
耳を傾けられない人、努力しない人、他の医師を信じる人、
結果だけが全てだと常日頃から思っている僕は、
僕が間違っているなら改める。もっと勉強する。
こんな年になってもそう思う。
しかし実際、サポートしてきた人たちの中にはそういう人も
確かにいた。自閉症を改善させたい!その思いは親として、
同じなのに、何を信じていいか分からなくなったんでしょうか?
それでもいい。陸は実際、健常に近くなってきた。
小さい頃は動物と変わらない行動をしてきた陸がだ。
中には変わってきた子供もいる。
アドバイスを受入れ、努力してきた親もいる。
僕らの時はアドバイスをしてくれる人もいなかった。
有名なTさんのブログを見つけ、勉強し、家庭内で
治療を行った。
ネットで検索するとすぐ出てくるがキレーションだけが
唯一の改善方法だと、あの頃は信じて疑わなかった。
少し喋るようになったが、しかし、それ以上の改善はイマイチだった。
その原因がメチル化経路の異常であり、腸管炎症の対策が
おざなりだったからだ。人間は脳への神経代謝物を
ほとんど腸内で製造している。
その頃はそれが分からなかった。あったのは陸を必ず改善する。
その意思だけだった。
今考えれば、今の知識があれば、もっと改善は早かっただろう。
やっぱり経験してみないと分からないですよ。
今の状態に来るまで、7年の歳月がかかった。
もう2~3年は縮めれたかもしれない。
ごめんな陸!そうすれば、もっとお前は普通の小学校生活を
送ってたかもしれない。

僕は感受性はどっちかというと女性に近いと思ってたけど、
どうやら違うみたいだ。
どうでもいい話を男は受け流している。
けれでも、そういうどうでもいい話が実は日常の中で大切だったりする。
そう、どうでも良い話は実は裏に信頼とか協力とか、
実に大切な要素を含んでいるのだ。
これが実は自閉症児にも当てはまる。なぜ、そんなに怒るのか?
なぜこの子供は僕達の言うことを分からないのだろうか?
なぜこの子は友達と普通に遊べないのだろうか?
物事には原因があります。
因->縁->果 とはよく言ったものだ。
現状を変えたければ今の行動に因を付けることだ。
その因はどこから付けれるか?
理にかなっていない因は付けても付きません。

陸は、今日、台風の影響で1日中、家にいた。
久しぶりに陸と1日を過ごすと、またストレスが溜まるだろうな~
と思っていたが、とんでもない。すっかり普通じゃないか?
妻が昨日、ワインに付いているハロウィンの可愛い帽子を買ってきた。
陸はもうひとつ欲しいと言う。
昼間は時間があったので
僕:「陸!ヒマだろ?買い物に行こうか?」
陸:「パパ!行ってきてよ!」
今時の小学生だ。親と出かけるのも極力避ける。
台風が来ているのに面倒くさいが、買ってきた。
ちょっと前までは陸とすごく仲が悪かったが、
最近はそうでもない。
そう僕が近くの現場に行くようになったので、
陸と一緒に朝。出るようになってからだ。
同じことをするということはなんて大切なことなのだ。
今回もバラバラな文章だが、
もう少し頭でまとまったら、まともな文章を書きます。

この記事へのコメント