ディックの執念

カゴメのスルフォラファンを摂取しだして、多少はまともになってきたけど、相変わらず、僕ら(特にママ)をイライラさせている。それは陸の、理解力の無さだ。やはり知的障害があると、なかなか1つのことが理解してるようでも、明確に理解しているかというと、そうでなくて、何回も同じことを聞いてくるので、これが僕らをイライラさせる。「やっぱり無理か?」これ以上、陸をまともにするのは、、、このまま行ったら、陸は将来、どうなる?施設行きか?そんなことはさせたくない。それでも、もう小6で、来年からは中学生だ。今でも大きい、健常児との差がまだ大きくなるのか?8/28に見たテレビ:「ワールド極限ミステリー」ディックホイト(父親)とリックホイト(子供)の奇跡の物語がやけに気になった。それは、脳性マヒで生まれた子供が家族とコミュニケーションが取れず、それは12歳まで続いた。12歳の時、アイコンタクトで、父親の話に反応したそうだ。それに母親が気付いてから、コンピュータの力を借りながらもコミュニケーションが取れるようになっていった。そしていつしか、リックはマラソンがしたいと言い出す。車椅子なのにどうやって?父親のディックが車椅子を押しながらマラソンをしたのだ。もちろん最初はうまく行かなかったが、この父親の執念はすさまじいものがあった。最初は運動など全然しないオヤジがたった2年位の間にアスリート顔負けの筋肉オヤジになっていったのだ。脳性麻痺で体が動かない息子と父がトライアスロンに挑戦し、14時間かけ226kmを完走した感動の実話を紹介…

続きを読む