西日本豪雨から2週間

西日本豪雨から2週間が経った。僕は大阪生まれだが、今、実家は広島の方にある。年老いた母が一人で住んでいる。最近のことだ、陸:「パパ!もうすぐ陸の誕生日、何くれるの?」僕:「自分のことばかり考えるんじゃない。ニュースを見てるだろ。パパばあは広島や。今、とんでもないことになってる」気になった僕は、先週、車を走らせたが、実家の周りにはそんなに大きな被害は出ていなかった。陸は今、小学校5年生、もうすぐ林間学校だ。このために1ヶ月前から、色々と1人でできるように、(頭を洗うこと/サプリ、薬など)トレーニングしてきた。1年前もそんなことがあったが、割と1人でクリアーしてきた。そしたら、しばらくして、また自分のこと、1人でやらなくなっちゃたんですけどね。母と少し、話してきましたが、やっぱり、陸のことは、自閉症という病気がどういうものかまったく分かっていない。ま、医者でも分かっていない人がほとんどなんですけどね。この病気がどういう原因で発症し、そしてそのメカニズム、自分の子供がそうならなきゃ勉強しませんよ。社会はやはり、この病気を発症した子供を偏見の目で見、排除しようとする。障がい者差別解消法なるものが、今年の4/1 から施工されているが、まともに守っている人がどれだけいるか?自分の周りにそういう人がいないと、理解できないし、いたとしても、そういう人達に冷たく、親戚にでもいれば、「XXの結婚式に来てくれるな!」と思うのがこの手の人間だ。世間体を気にする人間はそういうことになり易いでしょうね。僕の兄などそういう世間…

続きを読む

陸と僕の大声

7月に入り、腸管炎症はやっと治まったみたいだ。ここ2ヶ月くらいに起った陸の異常な言動はましになってきた。中々、サプリなどを少なくできないですね~。減らしてやりたいのは山々だけど、減らして後退してたら意味がない。さて、陸の近況ですが、この前、1ヶ月に1回の病院の帰りに食事をした時、店内のクーラーが効きすぎて陸が寒がっていたので、僕が車にある妻のショールを取りに行こうとした時、陸が発した言葉。「パパ!いい!取りに行ったらパパがゆっくり食事ができない。」一瞬、耳を疑いましたね。今まで自分のことだけで人のことなど考えなかった陸が周りの人のことを考え始めたのだ。これは何の効果だ?今やっている療育的な取り組み?便移植?腸管炎症?分からないが、また陸は変わり始めた。嬉しいことだ。さて、これまで、色々と陸とケンカしてきて、大声が僕も酷かったんでしょうね。もう自閉症は抜けたといっても、陸の精神年齢はまだまだ幼い。腹が立てばすぐ、大声を出す。親が困るのがこれだ。世の自閉症児の親もこれに困っていると思う。数年前に階下のヤツとトラブルになったが、ある時、しつこく、インターホンを夜中に鳴らすので、警察を呼んだことがあった。元々は僕らも悪いのだが、常識はずれのことをしてくるから、そういうことになる。それからは静かだったが、今年の春、引っ越したみたいだ。彼らには悪いが、神経質な人たちに僕ら親子のケンカの声、振動は迷惑だったでしょうね。そして、今朝、また異常なことが起こった。朝、僕は、前日出た生ゴミなどを玄関先に出して、出勤時に…

続きを読む