炎症

陸は去年の12月位から、しつこい咳をしだし、今は6月だが、まだ、少ししている。僕もまだ痰がからみ、たまに出る。なんてしつこいウィルスだ。あの手、この手で駆除に全力を尽くしてきたのに、未だにその面影がある。その咳を何とかするために、漢方、薬、飲むものが増えてしまい、朝、飲んでいた、発酵食品、ビタミンD、RNA、すっかりごぶさたになってしまった。1月のドクターRの講習で聞いたこともあり、何とか、サプリ、薬を減らそうとしていた。腸管炎症を抑える薬も止めていたのだ。(聞かれても答えません)後から考えれば、その影響だろうか?4月位から、陸の調子がおかしい。何にでも引っかかってくる。うるさい。何にでも文句を言ってくる。うっとしい。考えればセロトニンが出てない。アドレナリンの過剰分泌だ。この前、新幹線であった殺傷事件みたいに、彼のように人生を間違って欲しくない。普通の人と何が違っていたのだろう?色々なことを考えるが、基本は、障害があると、原因は腸管炎症による、異常性神経伝達物質の過剰分泌だ。何も対策を取らなければ、ああなる。療育とか、愛情とか、色々言われるけど、どうして、そういう結果になったかというと、親が愛情を注いでいたのに、その意味も分からず成長したからだ。子供のせいにするつもりはない。どうして親が愛情を注げなくなってしまったのだろうか?どうして、そのような理解に至ったかと言うと、やはり、脳への神経伝達物質の異常だ。痛い程によく分かる。僕も陸とケンカして、「ええ加減にせ~このバカ!」と何回も思う。しかし、「…

続きを読む

陸の進路?

陸は国語と算数が支援級なのは、今でも一緒だが、その支援級の先生から支援学校(中学)の見学について紹介があり、僕は必要ないと思っていたが、ママは一応、支援学校の見学に行った。案の定、授業は小学校1~3年生のレベルだったらしい。支援学校をバカにするつもりは無い。だが、そっちへ行けば、勉強などほとんど向上しないのは分かっていたことだ。現在の陸は、国語:漢字はまだまだだ。算数:教科書を見れば小学校5年で、分数が出てき、簡単な公約数の基礎が出てくる。割り算もやっている。陸は2桁の掛け算などは出来るようになっているが、まだ割り算は覚えていない。でも大丈夫だ。このまま順調に行けば、学力も付いて行くことができるはずだ。ま、普通級の支援クラスがやはり、いいと思う。先々週、家族会議+1を行い、陸の生活態度が改められたかというと、僕の目から見たらまだだだけど、本人なりに頑張っているようだ。まだまだ約束を破っていることは沢山あるけど、少しづつ、陸の生活のリズムは変わって来てる。特に頭を悩ますのはスマホで使える無料のゲームだ。僕は目が悪くなるので、高校生の始めにゲームを一切しなくなったが、今の陸みたいに、小学生にとってはゲームは大切なものなのだろう。この話になるとすぐ興奮してケンカになる。困ったものだ。しかし、気長に説明していくしかない。そして、相手の気持ちを考えない言動、KYなところ、こういったことは学校で教えてくれない。他人と共感できないなどはオキシトシン受容体の遺伝子変異も関係あるのだが、ハンデがあるなら、そういった…

続きを読む

初めての家族会議+1

陸がうるさく、注意しても聞かない。毎日、毎日、同じことをやって、学習しない。ママは疲れ切っている。毎日、毎日、寝る前に中々止めないTVに、パソコン(You Tube)、中々しない、宿題、、、本当に知的障害、BDNF遺伝子変異が学習しないことの原因なのだろうか?その割には、以前書いたように、僕らが嫌がることを知っている。ずる賢く親の裏をかく頭がある。困った僕とママは陸が行っているディサービスの相談員に相談した。「1回、陸君、お父さん、お母さん、と僕とで話し合いをした方がいいと思いますよ」そのとおりだ。僕達が言っても、「うるさい」とか言って何1つ聞こうとはしない。ある意味:赤ちゃんのように心理的に幼い。自分に都合が悪くなると、大きな声を出したりして逃げる。しかし、昨日行われた、運動会などでは、5年生なのでさっそうと組体操などをやっていた。そんな姿は年相応に見える。後日、行われた家族会議(+1)でこれらの問題が話し合われた。不思議だ、、、、。僕達の言うことはまったく聞かないのに、このディサービスの相談員の前では陸は妙にしおらしくなる。ディサービスと言っても、発達障害児向けの学習塾みたいなところだ。外面のいい陸だ。この先生の前では、正直に誠実に答えようとする。「さすがプロだ、、、。」 この日、決ったこと。①小学校から帰ったら、直ぐに宿題をすること。②パソコン(YouTube)、TVは1日にどちらか1つにすること。③朝、時計を見て、朝、8:10に小学校にいくこと。④自分のことは自分でするトレーニングをする…

続きを読む