成長する陸

ょっとネットで、バイオメディカル でググって見ると、未だにオーソモレキュラー、分子栄養学とか出てきますね。自閉症は治療できるけど、その改善度はどうなんでしょうかね。日本にはろくな医師がいないので、まったく独学で勉強して、陸の改善に努めて来ました。ま~効果が出ず、金ばっかり取る医師に比べれば、何とリーズナブルで治療できたことでしょうか。といっても検査代、サプリ、他、保険の効かない治療で何百万と金を使ってきた。最初の頃は「知的障害は改善できる」とかいうとこにも行って、ずいぶんムダな金を使いました。周りの親も藁にもすがる思いで来ている人がほとんどだったけど、何と罪深いことをしているんでしょうね、あのオッサンは。さてそんな批判を書きたいのでは無く、陸はバイオメディカルを始めて、7年、思い切りかわりましたよ。長男は中々改善が進まないっていうけど、陸も例外ではない。1進1退を繰り返し、これがダメなら次の手を常に考え、ここまで来たのだ。もちろん、僕1人でが到底無理だった。妻に支えられながらです。生まれて半年位で発語があったのに、予防接種のせいで、言葉が無くなり、保育所に入る前には「パパ、ママ、イヤ」しか言えなかった。年長の夏頃「せんせいとか、ぱっぱつ(出発)」とか出てたけど、本格的に、自由に喋れるようになったのは小学校1年生の時です。何をしたのかはここでは書けないけど、陸みたいな重度に近い自閉症の子供は日本の医師がやっている方法なんかでは200%無理とだけ行っておきます。これが、第1ステップから、第2ステップの…

続きを読む

少しの希望

何かしら改善が無いと、気がめげてしまいますね!案の定、陸がギャーギャーうるさい度、感じてしまいます。昨日のこと、友達のR君と遊んでいた時のこと、「パパ!R君、怒って!!ゲームのメダル返して!!と言う」3DSでは、友達同士でメダルの交換ができる。強い妖怪のメダルを手に入れたら、子供はそれを手放したく無い。このパターンでこのまえ、ディサービスに来ている年下の友達と陸は強いメダルと、相手の弱いメダルを交換してしまい、相手が中々返してくれなかったのがついこの間のことだ。僕:「陸!返してやれ!」陸:「イヤ!強いのが欲しいもん」「この前、お前、ディサービスのK君としたくないメダル交換して、中々、返してくれなかったろが!今、お前はK君と同じことをしてるんだ」と言うと、陸は何かを考えた様子でしばらくすると、「パパ!返した!」お!!余り、物事を考えない陸が考えた答えを出したような気がした。自分で考えて、答えを出すこと。このことの繰り返しが成長に繋がる。最近の僕は疲れていた。一瞬、腸内細菌のおかげで大きく成長したのように見えた。しかし、1歩進んで1歩下がる。変わらねーじゃねーか?すぐギャーギャー言い出す。そりゃ、遺伝子変異はそう簡単に回避できませんよ。それでも何かキッカケがあれば、僕も頭を切り替えられる。このGWの間、ずっと考えていたが、それは、やはり、陸の腸内細菌 + 「僕の陸に対する姿勢」だ。それはずっと言われて来たが、コミュニケーションに自信の無い僕に難しいことだと思ってた。変わりたいと思っても、中々うまく行か…

続きを読む