大きく改善?

何をしたかはここでは書けないが、陸は大きく変わってきましたよ!!「自分のことは自分でやります。」今までは、これを幾ら教えてもやろうとしなかった。それは何故か?BDNF遺伝子の変異のせいだ。この遺伝子に変異(+/+)があると、反応が50%遅れるという。知的障害のある人がいくら教えても分からない、理解してくれない。というのはこの辺に関係している。陸の場合も例外では無い。逆に考えると、BDNF遺伝子の変異を補えば、治るということだ。簡単に言うが、それは今まで誰もなし得なかったことだ。(と思う)僕達が、陸に食器など、「食べたら自分で片付けます。」最近、やるようになってきましたよ。スマホ、3DS、充電は自分でやります。寝る前に自分でやるようになって来ましたよ。結果でしか分からないが、これは、理解でき始めている。ということになる。大きく変わりだしたのは僕の勝手な推測、理論でしかないが、「BDNF遺伝子の変異を補えるのは新たな腸内細菌だけである」ということだ。陸の行っているディサービスの相談員も言ってた。「陸君は自閉症じゃありませんよ」もう自閉症からは脱却している。残るのは知的の部分だけである。これが絡んでいるからステップ3を中々脱出できない。それがようやく動き出した。そして療育的な取り組みの効果も出始めたそのディサービスの相談員、この前夫婦で色んな話をした。「今、色々教えとかないと将来子供のまま大人になって、将来、とんでもないことになりますよ。」分かってるけど、今まではどうしようもなかった。これから、どうする…

続きを読む

腸内細菌の状態 悪玉菌

もうすぐ陸は小学校5年生になる。陸が1年生の時に喋れるようになり、2年生の時は解毒に頑張り、保育所から始めた解毒はようやく効果を出した(毛髪検査の結果より)。そして2年生の終わりから始めたステップ3は本のとおりに中々進まない。それからもう2年だ。やはり長男の治療は難しい。療育的な取り組みも始めたが、これ以上は無理か?手詰まり感があった。それから腸内細菌に世間からも注目が集まり、2016年の終わり頃からその調査を行ってきた。その結果、出た結論はある方法により陸の腸内細菌のバランスを変えるのだ。その中に陸のBDNF遺伝子変異を埋める遺伝子を持った細菌がいるかもしれない。それは陸の変化を細かく見ていないと分からないはずだ。陸の精神状態は普通の子供に比べれば幼い。そりゃそうだ。普通の子供が3歳から喋り始めることを考えれば3~4年のギャップがある。しかし、子供の内に追いつかないと陸は将来まともな大人になれない。陸は全然何も変わらない。ギャーギャーと赤子のように直ぐ叫ぶ。わめく。と先週までだ。僕達の対応も悪かった。いつのまにか普通の小4の対応をしてたかも。人から親切にされたらちゃんと「ありがとう」と言う。何かをして欲しかったら命令するのではなく、「お願い」という。そして相手には「いいよ」「イヤ」の選択肢があること。など、ちゃんと教えていなかったかも、、、。今のところ、少しだけの変化も見える。考える事ができ始めたのかもしれない。この先、もっと変わって貰わなければ困る。陸の変化を注視していきたい。腸内細菌の話に戻…

続きを読む