ビタミンB12

メッセージで僕にメチルコバラミンについて尋ねて来た人がいる。勝手で申し訳ありませんが、今回の議題にさせて戴きます。その人の子供はビタミンB12が過多になっているとのこと。一般的に自閉症児はメチルコバラミンが過少になっている子供が多く、日常的に摂取しているはずです。そしてメチルコバラミンがの皮下注射が大きく自閉症の改善に関与しているはずです。陸は小さい頃から数年、ビタミンB12が過少でした。これはビタミンCなども同じです。ビタミンB12、C の数値が異常に低く、吸収率が悪いのは一般的な自閉症児だと思います。自閉症児は腸管を損傷していることが多く、それらが、ビタミンの吸収を阻害していると考えられるのです。この頃、アメリカのドクターのアドバイスで、リチウムも摂取していました。リチウムの値が低いと、ビタミンB12を誘導できない。しかし、リチウムも金属ですので、この時は解毒を控えている陸にまずいと思い、僕の判断で摂取を止めました。そしてあいかわらず、ビタミンB12、Cの値は低いままでした。ある時、2年前の検査でしょうか、ビタミンC、ビタミンB12の値が標準値を超え、過多になってきたのです。この時はある発酵食品を日常的に摂取していました。陸の体質改善のためです。腸内細菌は5つの働きがあるとされています。1.病原体の侵入を防ぎ排除する。2.食物繊維を消化し短鎖脂肪酸を産生する。3.ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンK、葉酸、パントテン酸、ビオチンなどのビタミン類の生成をする。4.ドーパミンやセ…

続きを読む