少年への変化

最近の陸は僕を非難することが多かった。「パパ!全然、陸の話し、聞いてないやん!」「パパ!あっち行って!」という具合に、、僕は陸に嫌われている感じだ。少しナーバスになり、「反抗期」というのを少し調べた。少し調べると、小学校2~3年生の頃に「中間反抗期というのがあるらしい。このページの中では今までは従順だった子供がある時期口答えが多くなり、反抗しだす詳細と親がしてはいけないことが書かれていた。勝手に抜粋するが、(1)子どもの主張を無視する子どもの反抗的な態度にイライラすると、子どもの主張に耳を傾けられない気持ちは分かりますが、無視だけはやめましょう。良く言われることですが、子どもだって一人の立派な人間です。一生懸命主張していることを無視していいはずがありません。まずは子どもの意見に向き合って、その上で話し合いをするようにしましょう。(2)謝らないこれもありがちな対応ですね。親はどうしても「自分は教える立場だ」という意識が強くなります。子どもを立派に成長させるには大切な意識です。しかし、その意識が強すぎて自分の非を認められない大人にはならないようにしましょう。(3)人格を否定するこれも子どもの成長を阻害する原因になります。子どもは誰よりも親の言うことを一番に信じます。その親に「ダメな子だね」だとか「○○君(子どもの友達)みたいになってほしかったな」などと言われると、子どもは自分に価値がないと思い込むようになります。自己肯定感がないと人は成長しません。もし人格を否定するような言葉を吐きそうになったら、一度…

続きを読む

僕の悩み

最近、毎日のように、陸を叱っている。昨日は陸が他人の家の水道の蛇口を勝手ににひねって水を出そうとするので「勝手に出しません!勝手に水を出したらドロボウや!」と言って頭をはたいてしまった。陸は涙ぐんでママのところに走る。後で、陸に説明するが、陸は自分が悪いことは分かっているみたいだが、パパに叩かれた怒りの方が強い。「パパ出て行って」と言われる。ママに常々言われていることに「陸を認めてあげて、誉めてあげて」がある。それはよく分かっていたはずなのだが、、、夜、寝る前に陸に「パパは陸を愛しているぞ!」と抱きしめようとするが「陸はパパを愛していません」と完全拒絶。う~ん、僕の経験からいうと、小学生から中学生頃までは父親とはどっちかというと疎遠になる。母親の方へと傾きがちだ。ま、今の陸がいつもろくなことをしないからついつい怒りがちだ。陸に「パパ、いつも怒っている」と言われるもんな。陸の改善のために全てを投げ打って努力してきた僕には陸に嫌われることはつらいことだ。ま、今はしゃーないか、今は今でしかできないことがあるはずだ。今の陸はADHDみたいに多動っぽい。友達と遊んでいるときに他の子に「暑いな~」と言われれば、僕に電話がかかって来て、「パパ!小さい扇風機買って!」と、100円ショップに言ってみると、300円のUSB接続扇風機が売っていたが、コンセントに接続するためには変換アダプターを買わなければならない。一瞬考える。これを買ってもまたすぐ壊されるのではないか?そう思った僕は陸に「ダメ!毎日毎日幾ら使ってんねん…

続きを読む

基本的な話

ここのところコメントをよくもらうが、いずれもステップ1の方で、最初に勧められたサプリを全て摂取したら、下痢をしたとかいう話です。ウチも前にアメリカのドクターに薦められたサプリで、便秘とか続いた経験があります。プロバイオプレミアム:善玉菌が120億です。当時、色々リサーチし出た結論はどうやらラクトパチルスなどの善玉菌が100億を超えると便秘、下痢などの症状を起こす自閉症児は非常に多かったということ。故に、当時、ラクトパチルスが100億のカルチャレルに戻したところ便が正常に戻ったのを記憶しています。サポートしている人にも話しているが、便は非常に重要です。子供の腸管炎症、またリーキーガット症候群(LGS)、アレルギーに深く関与しています。その炎症を対症療法的な方法で抑えつつ、治療を行うのです。何度と無く書いていますが、腸管炎症は善玉菌サプリで抑えれないですからね!詳しいことはここでは書けませんが、書けることでは、僕が勧めているハーブのローテーションがあります。腸内細菌、病原菌は善玉菌のサプリにすぐ耐性を持ち、悪玉菌を増やそうとします。病原菌が自身の体を守るために作り出すバイオフィルムというやつです。これを阻止するために3種類以上のハーブを用い、耐性を持てないようにするのです。ウチでは善玉菌はカルチャレルともう1つの善玉菌の薬を1日おきにローテーション、そしてハーブのサプリでは、ゴツコラ、オリーブリーフパウダー、霊芝を1週間おきにローテーション。一番重要なのは前述したとおり、腸管炎症を対症療法的な方法で抑…

続きを読む