医師の話

この前の話だが陸はなぜか、ベネッセの1年生特大号を持ち出して、足し算の問題を出すゲーム機をやりだして、わからない問題を僕に解かせようとする。七田式の10までの足し算表を見せ、「これを見て覚え!」と言うと、「ウン!これがあればパパ、もういいよ」と言ってゲームを表を見ながら続ける。ゲームは時間内にやらなければクリアーできない。時間内に終わらないと、ヒスを起こす。また、「集中できない!」と上の階の物音にヒスを起こす。何とか言いなだめるが、それでもヒスを起こす。ママが計算の仕方を教えると、今までみたいな反応ではなく、素直にその通りの方法で計算し始めた。本日は久しく、計算ゲームでヒスを起こしているが、今までにに無い反応だ。何かか変わって来てる。しかし、まだ、やって欲しくないことの理解はまだまだの感が強い。例えば、このまえ、ママ宛にきた宅急便を、「何?」と言って、陸が荷物をあけ始める。ママにとって、やっては欲しくないことだ。後で、陸に「ママ宛の荷物を勝手に空けません」と言って、陸を叱るが、陸は毛布をかぶって、逃げ口上を言う。怒って陸を無理やり叱って、手が出てしまうと、陸は自分の部屋に逃げ込み、何やら文句を言っている。陸を叱るたび僕は悪者になってしまうので、気が気でない。30分程、家を出て、それから帰ってくる。すると陸もママももう寝ている。いいけど、僕は自問自答を繰り返す。「僕のやり方が間違っているのか?」「確かに怒らなくても良かったのかもしれないが、今の陸の状態のバランスを考えているか?」怒った後にはいつも後…

続きを読む

夏休み

どの親にとってもしんどい夏休みがやってきた。特に僕がしんどい、、。また学童に行く陸の弁当のメニューに頭を悩まされなければならない。陸はまた小学校から、キャラ弁当の本を借りてきた。キャラ弁なぞ作ってられるけ~!!!遠足とかそういう時だけにしてもらいたい。先週の3連休にプールや映画に連れて行った、、、。陸には兄弟はいないから色々な遊びには親が付き添わなければならない。しかし、毎週休みになる度に家に遊びに来る同級生のT君とR君がいる。この2人はもちろん健常だ。トランプなど少し難しいルールだと陸が付いて行けないみたいだが、それでも陸と毎週、遊んでくれる大切な友達だ。さて、陸の改善だが、今のところ、まだ小さな変化に過ぎない。ママが「6時になったら帰ってきなさい」と言うと、ちゃんと6時に帰ってくる。しかし、まだまだ変わってもらわなければいけない箇所は数多い。学力の問題も2桁の足し算、掛け算の基本となる)9X9 も覚えなければならない。地道にユッカ、そしてメタルシリーズのRNA、他ハーブの摂取を続けるしかない。TVのニュースで身体障害(脳性マヒ)で、寝たきりの子供に他人の健常な遺伝子を挿入する方法が紹介されていた。確かに他人のDNAを使えば、設計情報が変われば、結果が変わってくるはずだ。その子供は動かなかった手が動くようになり、歩行する練習まで始めた。この現実の世界で僕が今できることは、RNAウィルスによって阻害された神経情報の設計図を人間のDNAとRNAによって新たに書き換えることだ。最近はもらうコメントにも…

続きを読む

陸の小さな変化

陸があれから変わったことと言えば、自分のことは直々するようになった。保育所の頃に「自分でやる自分でやる」と言って、自主性が見られたのに小学生になり大きく改善したもの、身の回りのことは自分でやらないことがほとんどだった、、、。そして、今絵塗りの道具を出して、ダンボールに色を塗った後、自分で片付けている。ママがそうするようにしたせいもあると思うが、普通の子供でも、結構自分のことを親にやらせる子供は多いと思う。もちろんその度、親が怒っているだろうが、、。今も「僕が片付けさせられるのかな?」と思ったが、予想に反して自分で片付けているので、意外だった。前回予測したように、少しづつ、何かが変わっていく。それは普段の行動に大きくウィルスに感染されている細胞が大きく関与している。エイミーヤスコの本から得たことはRNAウィルスはそのメタロチオネンたんぱく質の中に重金属イオンを封鎖してしまう。ここからは予想でしかないが、そのことにより、神経はその成長をメッセンジャーRNAにより阻害されて、正常では無くなってしまう。そしてシナプスはレセプターにたどり着けなくなる。これが知的障害を起こす原因と思われる。人間の持つコルチゾールはこのウィルスを封じ込める力を持つ。しかし、今までそれがなぜ発動しなかったかというと、簡単に言えば発動しなかったのでは無くて、「足りなかった」のだ。コルチゾールはストレスが生じた時にも沈静化に使われる。また、炎症を鎮めるのにも使われる。自閉症児は炎症を起こしている箇所がありすぎる。その炎症を起こす遺伝…

続きを読む