学級閉鎖

先週月曜からいきなり木曜日まで陸の通ってる小学校で学級閉鎖になった。インフルエンザが流行ってるらしい。ママは働いているので、近くに住む陸のおばあちゃんが昼間面倒を見てくれた。一人にしてもま、大丈夫なのだが、まだまだ小学2年生、色んなことの対応には大人がまだまだついていないとね。月曜日の昼からママが小学校へ陸を迎えに行く。帰宅後、ママは疲れと、喉の渇きでぐったりしていた。「ママは喉が乾いて、死にそうだ」と言うと、何と陸はママの為に冷蔵庫から、野菜ジュースをコップに入れてママの所まで持ってきてくれた。オキシトシンの効果だと思うが、創造する能力が変わってきたと思う。学級閉鎖の間、ママが帰ってくると、コーヒーを入れてくれたり、ママのご飯の用意を(できる範囲で)してくれたり、ハイザーの横の食品棚の整理をしてくれたり、変わってきた部分が出てきた。金曜日から小学校へ行きだしたが、早速なんかもらってきたな~、、、。何か陸のセキがおかしいぞ、、、。仕方なしにまたカゼ薬の漢方をカプセルに詰める、、。陸にカゼを引かれたら1日の摂取カプセルが、25カプセル位になってしまう、、、オイオイ、、、、。今日は日曜日だが、何とかカゼを引かずに持ったみたいだ、、。土曜とか休みになるとか必ず現れるのが、陸の友達、、家で遊ばれると僕の疲れが取れないので、これからもう少し制限することにする。休みの日は僕は身体を休める!!!

続きを読む