ステップ1の盲点

最近はサポートしている人たちもそうだが、自閉症治療の看板を上げている医師は多いが、治療が中々進まないのは、どうも腸管炎症を甘く見ているふしがある、、、。自閉症児の腸管炎症はそんなに甘いものではありませんよ。僕も聞いた話でしかないが、北海道の内視鏡検査でこの道では有名なM先生いわく、「自分が見てきた患者の中では100%腸管炎症をおこしていて、びらんやら酷い」と聞いたことがある。陸は北海道には行ってはいないが検査をしなくてもそういった話だけで十分だった。腸管治療にはハーブで取り組むのがエイミーヤスコ流だったが、陸はそれをしていない。医師はその炎症を抑える薬があるのはわかっているが、難病指定された病気だけがその薬を出せる。そりゃ北海道に行って内視鏡検査をすれば、その薬も手に入るとは思うが、そんな費用もかけてられないご家庭もたくさんあるでしょう。本当に自閉症に対してまったく理解のない国「日本」ではやはりアメリカに行くか、親が医師をも上まる知識を身につけるしかない。ステップ1:炎症を抑えるはそうやってここでつまづく人がほとんどなのだ。ここで失敗すれば子供はあたりまえで改善しない。炎症が治まる傾向としては脳内炎症が治まり癇癪が無くなるなど、たくさんの変化があります。喋れなっかった子供は喋りだす場合もあります、、、、。どこで炎症が治まるか判断するかというとまず、便に注目しなければならない。便秘、下痢、未消化の食物が便に混じるこれらは全て炎症が酷いことを物語っている。カルチャレルなどの膳玉菌サプリだけでは治りませ…

続きを読む