最初にすること

最近は僕にアドバイスを求めてくる人が多くなった。ま~僕も働いているのでそのサポートできる人数も限界がありますが、今回はブログで子供が自閉症だとわかった時、何をしていくのかをまとめたいと思います。1.IgGアレルギー検査もう言わずと知れた遅延性アレルギー検査です。2.メタル(毛髪)検査髪の毛から有害物質をどれだけ体内に貯蔵しているか調べます。3.有機酸検査酵母菌(カンジダ)や他の消化器系バクテリアの異常増殖を示す毒性のある有機酸合成物の有無を調べます。4.ペプチド検査尿中の牛乳、小麦のペプチドを検出します。先ず、ステップ1ではGFCFダイエットを行うことはもちろんですが、検査しただけでは何も変わりません。アレルギー、神経の炎症を抑える治療を始めなければなりません。アレルギーの原因となるLGS(リーキーガット症候群)を治す治療を始めるのです。それには繰り返し書いていますが、メチルコバラミン(活性型ビタミンB12)のお尻への皮下注射が効果的です。日本では医師の指示無しに注射は打てないことになっていますので、協力的な医師を探すのが骨が折れる作業になると思います。更に朝、晩、ジュースなどに直接メチルコバラミンを混ぜて、補給します。もちろんカルチャレルなどの善玉菌サプリも必要になってきます。ここで、腸内、神経の炎症を抑えるためにゴツ・コラも有用だと思います。陸は今年になってからゴツ・コラを摂取しだしたが、調べればあらゆる炎症を抑えるとある。どこまで本当か分からないが、少なくとも僕の周りで使用している人、また陸…

続きを読む

細菌感染症

前回、自閉症児は慢性的な細菌感染症にかかっていることがほとんどです。と書いたが、身体の中にそういう菌、ウィルスがいるのに何も治療しない親がほとんどです。といってもわからないんでしょうね。僕自身、そういうことは陸の治療のため必死で勉強してわかったことです。そういう菌、ウィルスが神経系の炎症を生み、究極的に神経細胞死になり、シナプスは自身を伸ばせなくなり、脳のGABAはどんどん減り、GABAの量が減ると会話をしなくなる。、ステップ1~2ではこの治療をしなければならないのです。この前相談してきた人の子供は前々回書いたブログで勧めたサプリでの治療を始めたそうだが、子供がいきなり熱を出したそうだ。僕は医師でもないし、詳しいことは分からない、ただ経験と知識から想像することはできる。陸の場合でも、腸管治療の過程で休息期間によく発熱した。薬、または治療のためのサプリを投与してそれが効果的な場合、2週間位、投与したら、2週間位、休息期間として投与を止める。その休息期間で発熱したりすることがあります。それは薬、サプリのおかげで殺せていた細菌、ウイルス等を投与を止めると、身体のコルチゾール(抗炎症ホルモンです)がが足りなくて、また殺せなくなったのを、ヘルパーT細胞が指令を出し、発熱し、細菌、ウイルスを殺そうとしたりするのではないか。この身体の働きは後から考えると正常な身体の働きです。それも十分にコルチゾールが足りた状態で行われることです。改善には子供自身の身体で作り出す十分なコルチゾールの量が必要なのです。あるコミュニ…

続きを読む

落ち着き

解毒の過程で、「毒素が出きると落ち着きます。」と「自閉症回復への道しるべ」にはあった。最近の陸を考えるとうなづける。ず~っと!うるさかったし、解毒の過程では付き合うつもりだった、、、。僕は仕事をしてるし、実際はママの方がそういうストレスを感じたり、切れてしまうくらいしんどかったと思う。陸がこれほどまで、喋れない状態から、一見、普通の子供と変わらないように改善したのは妻の努力のおかげとつくづく思う。最近は仕事が忙しく、パワハラに近い状態にあるが、僕は陸、妻のためなら、どんな辛いことも耐えるつもりだが、くだらないおっさんにガタガタ言われるのは考えものだ。こやつは子供もいないし、そういう人の痛みに無縁の人なのでしょうね。それはそれで不幸だと思う。僕には「陸を健常に戻すこと」が人生の最大の目標であり、僕の使命だと認識している、、、、、。そうこうしているうちに陸が落ち着き始めて、土曜出勤の時は「パパと一緒にいたい!行かんといて!」とか言われると「え!そんなこと今まで言わなかったのに変わったんだな~」と思う、、、、。何が変わった!?僕が残業で遅い時電話で「フロは頭を洗うんやで!」と言うと、陸:「う~んシャンプーうまくつけられへんけど頭洗う!」そう、正確に相手の質問に対する答え方が変わってきた。また、自分のやりたいことを制限されても、それほど怒ることがほとんどなくなって来た。メタルⅢは無くなったのでしばらく休止期間です。最近、参加しているコミュニティに「子供は4歳ですが喋れないし、これからどうしたらいいか分りま…

続きを読む