マイクロRNA

この前見たTVの番組で「サイエンスゼロ:生命を操るマイクロRNA」というのを観た。RNAについて知りたかったので観たのだが、驚くべきことを発見した。それはDNAの塩基配列に沿って、メッセンジャーRNAがくっついていく様子が写され、くっつかなかったRNAがマイクロRNAとしてどのような働きをするか紹介されていた。それはメッセンジャーRNAにはりついて、タンパク質の合成を制御するというものだった。番組でこれがガン細胞の増殖の制御ができるということで注目されていた。最近、陸はわがままが過ぎたのでバルトレックスを与えたのだが、ウィルスを抑え込むのが目的だったが、このTVを観て、あることに気づいた。それはエイミーヤスコの本に書かれていることだが、RNAウィルスは「ウィルス自身が持込んだ酵素を使ってウィルスのコピーが始まるとウィルスのRNAのコピーがたくさんつくられます。」つまり、人間の細胞の中でウィルスのRNAはマイクロRNAとして働き神経系の発達を阻害し、(DNAの塩基配列にくっつき細胞の増殖を抑え込んでしまう)結果として異常な行動、発言につながっているのではないだろうか?このウィルスは自身のメタロチオネンたんぱく質の中に重金属イオンを封鎖し、キレーションを行っても流されない。困ったウィルスである。MMRワクチン、はしか、おたふく風邪の予防接種にはいずれもRNAウィルスが含まれる。たとえチメロサールを含んでいなくても予防接種を打ってはいけない理由がこれだ。さて長かったがようやく遺伝子検査の結果が返ってきた…

続きを読む

HHVウィルス

以前、ブログで脳内炎症のことについて書いたことがあるが、陸の最近のわがままを僕はウィルスによるものではないかと疑っていた?何のウィルス?誰にでもいるウィルス:HHV6型(またはHHV7)です。人間は普段免疫力がこのウィルスの増殖を抑えているのですが、免疫力の弱い時、体調の悪い時などヘルペスが出ますよね、それと同じで、自閉症児は普段から免疫力が弱いため、すぐ脳内炎症を起こしてしまうのです。単なるワガママ、頭がおかしいんか?とか言わないで、物事には必ず原因があります。今回の陸には以前からあるバルトレックスを与え、ウィルスの増殖を抑えたら、落ち着いてきました。僕はここで、バルトレックスを使いましたが、そういう判断をするのは今の日本では親しかいないのです。医者に行っても、ヤブ医者ならすぐリスパダールだとか出してきます。そんなものを使えば逆効果です。ここで、少し、自閉症、知的障害についておさらいしたいと思います。自閉症児は知的障害を伴うパターンがほとんどです。自閉症と知的障害は違う病気なのかというと、あまり変わらないと思います。確かに言葉が出ているからとかありますが、日本では担当する医師の意見で診断名が変わるのはよくあることです。僕が思うには自閉症も知的障害もダウン症も身体機能の代謝障害という点では何ら変わらないと思います。親御さんは日本のヤブ医者のいうことを信じてはいけません。また療育に関わる人が色々と言ってきてる親御さんもこの時期多いと思いますが、どの進路に進むか最終的に判断するのは親です。療育に関わる…

続きを読む

解毒の準備

陸がアンディ式のキレーションを始めて、もうすぐ2年になる。キレーションは平均5年は行うものと聞いたが、解毒が進まない以上、方法を変えるのは当たり前だ。遺伝子検査の結果はまだ返ってきていないが、最近の陸は後退こそ見られないもの、その態度、特にごはん、「これイヤ!まずい!」と何回も作り直させる。僕の場合でもそうだが、ママも切れる切れる。最終的に陸は近くのおばあちゃん家に逃走し、そこでご飯を食べる始末。前はここまで我がままを言わなかったがそれは、言えなかったのか、頭が回っていなかったのか?よく分からない。エイミーヤスコの本を読んでいると、陸のこの我がままはウィルスが一役買っているとしか思えない。後退のような症状はいずれも解毒中に起きる現象だが、それは「クレアチニンのレベルがピークに達すると子供は一番難しい態度を示します。これは全て解毒の一過程です。」オーソモレキュラー式の解毒用サプリ:メタルⅣとかはまだ投与していないが、ここ数ヶ月で投与を始めたサプリもある。「フォラプロ、SAM-e、フォリン酸」などだが、アンディ式のキレーションとの絡みはだれもそのようなことはしていないので、よくわからない。DMSA+ALAのキレーションは元々、腎臓に負担がかかる。陸の身体の負担を考えると、そろそろアンディ式のキレーションは終了するべきだ。陸はMMRワクチンの摂取をしていないので、解毒のステップでいきなりメタルⅣRNAプログラムに入れる。遺伝子検査の結果が返ってくるのがおそらく2月末から3月始めだ。その結果により摂取する…

続きを読む