久しぶりの温泉

久しぶりに鳥羽からとある島へ温泉に入りにいった。今回の陸は低血糖になることもなく、まったく普通の子供だった。最近、陸のクラスの子も「陸!よく喋るようになった」と言ってるらしい。その劇的変化を見せてくれた腸内治療も年末で終え、これからは、オーソモレキュラーの療法を取り入れた治療法に切り替えて行く。遺伝子検査はまだだが、陸の体内のメチレーションを考えた時、葉酸代謝の異常のため水銀濃度が減らなかったと考えればうなずけることだ。それにしても今回の旅行は1年前に比べれば何と楽だったのだろう。ぼくは運転のしんどさは同じだが、陸が叫ぶ事もなく、癇癪を起こす訳でもなく、「帰る」と連呼するわけでもなく、、、1年前は陸がわがまま、癇癪を起こす度、その対応で追われ、自分がリラックスすることなどなかった。それは妻も同じだったのだろう。今回も3回温泉に入ったが陸と最初の一回入っただけで、後は僕はくつろいでいた。そう、、、今までが異常だったのでしょうね。それは自閉症児を抱えた親は必ず経験することです。悩みに悩みぬくところです。けれども癇癪、多動、全て原因があるのですよ、、、。僕が陸の癇癪はなぜか?アドレナリンの出すぎ、低血糖症のことも調べていったのはそんな理由だった。しかし調べて行くと、このセロトニンの分泌量にメチル化というものが深く関わっていることが分かってきた。そしてそのメチル基(CH3)は遺伝子:MTHFRが深く関わっている。その異常を回避するのにファラプロ、インテリンジックB12、Sam-eを摂取しだしたところだ。陸…

続きを読む

自閉症 回復への道しるべ

さてエイミーヤスコの本だが、2013/08 にもう一冊出版されている「自閉症 回復への道しるべ」というタイトルの本だ。これも購入して読み始めた。数年前に開発されたニュートリジェノミックスという新しい治療法。それは遺伝子検査をもとに、メチレーション回路を回す治療の事らしい。、「デトックスで治す自閉症」も難しかったが、この本もあらゆるところに知らない医学用語が出てくる。僕は柏崎良子先生の「低血糖症と精神疾患の治療の手引」を読んでいたのである程度理解できたがこの本を読むのに人間が持つTCAサイクルのこと位は知らないと、とても理解できない。確かにこの本に書かれているとおりこの本は医療従事者、またそれに携わる親達へのガイドブックであり、たくさんのエイミーヤスコのメッセージが含まれている。この本を読むと、如何にメチル化が大切かその重要性が書かれている。そして遺伝子検査の読み方まで紹介されている。SNP(スニップ)と呼ばれる遺伝子の変形をどの遺伝子が持っているか探し出し、その遺伝子変形のパターンに従った治療法をするのだが、現在の日本ではそのような治療をしているところはあるが、まだまだ試行錯誤をしていると思う。東京のブルークリニック青山というところがこの治療法の実践をしている。僕はこの病院は考え方と行動はすばらしいのだが、料金が高いのが気にかかる。もちろんアメリカでも優秀なDanドクターは電話でコンサルタントするだけで数万円のお金がかかり高いですよ、、、、、。話がそれるので本題に戻すが、「遺伝子:MTHFr(メチ…

続きを読む

オーソモレキュラー

遺伝子検査を受けれる機関を探していたが、費用を調べてみると、なんと168,000円、た、たかすぎる~!お金を少し貯めないと検査も受けれないじゃないか!しかし、この遺伝子検査で問題のある遺伝子(おそらくはMTHFr遺伝子)がはっきりすれば、メチル化経路修復のためのサプリが確定できる。そうは言っても、RNAウィルスによるメタロチネオンたんぱくの増加でその内部に重金属を封じ込めているのはエーミーヤスコの本から分かっているので、この重金属をウィルスごと流してしまうためには、RNAサプリ(フォラプロ)、SAM-eの摂取を始めるつもりだ。遺伝子検査の後に、サプリをまた調整する。この「デトックスで治す自閉症」をもっと早く読めば良かったと思う。陸はこの半年行った腸治療で大きく変わったが、まだまだ変わってもらわなければ困る。そして僕はこの3年の格闘で色々と自閉症について分かってきた。そして確信した。「自閉症は治らない病気ではない!」ということを。日本では治療できる機関が増えてきたとはいえ、その治療プロトコルはまだまだ確立されていない。エーミーヤスコのプロトコルはいわゆる「オーソモレキュラー」だが、DAN式と大きく変わるのは遺伝子検査による遺伝子の問題の原因究明とRNAサプリによる少しづつの重金属の排泄(重金属が出始めるとあっという間らしいが)だ。そのステップ3に分かれる治療の中でも実に細かくサプリの種類、量を子供の状態に合わせて調節していくことが書かれていた。僕はDAN式、オーソモレキュラー式を併用して、陸の治療に…

続きを読む