妖怪ウオッチゲーム

最近、陸に1日中、「妖怪ウオッチゲーム買って!」と言われ続け、根負けして3DSと妖怪ウオッチゲーム2を買った。喋れるようになったとはいえ、あまり長い言葉は言えなかったはずなのに、余程欲しかったのか、言えたんだよね!そういえば前にTVでやってたことに脳の半分を失った人がいて、脳の半分を失えば、言語機能も一生失うだろうと言われていたのが、不思議なことにもう片方の脳が失った脳の代わりをするようになり、言葉も戻ってきたらしい。人間の脳は不思議な機能を持っている。ここでその不思議な機能にすがるつもりはないが、陸についても余程思いの強いものはすぐ言葉になって出てくる。しかし普通はその強い思いを持たなくても出てくるはずなのに、出ないのが「言葉」だった。自閉症の子供はなぜそうなってしまったのだろうか?今までのブログで、アレルギーと密接に関係しており、メチル化経路が壊れていることにより水銀などの毒素が細胞内に取り込まれてしまうことを今までに書いてきた。ではなぜ、自閉症の子供は毒素を分解できないのだろうか?それを色々調べていくとMTHFR遺伝子変異が指摘されている。自分で考えると陸は僕が40歳を越してからの子供だ。そんな遺伝子変異が起きても不思議ではない。過去のことより今着目しなければならないのは、「MTHFR遺伝子変異は葉酸が吸収出来なくなる。野菜で摂取しても摂取したはいいが吸収が出きないそうだ。」そういえば、陸はビタミンCのサプリを幾ら与えても検査結果では「不足」しており、正に吸収障害を起こしている。この問題は陸…

続きを読む

腸管の炎症について

誰もが自閉症は治らないと思うでしょう。それは自閉症が先天性の脳の病気で一生治らないという固定観念が未だに日本では根強いからです。しかし今のアメリカでは自閉症の原因の研究も進み、アメリカでは実に正式に病名が取り下げられ自閉症が完治した子供の数は数千人にのぼるのです。僕たちもキレーションを1年続けて、ある程度は改善したが、しかしその後改善が停滞し、「なぜだ。おかしい!?」と僕は思いました。前から言っているようにキレーションを行うには前提条件があります。1.GFCFダイエットを1年以上行っていること。2.IgGアレルギーがある程度治っていること。これらの条件が必要なのはある程度アレルギーを治しておかないと、キレーションを行っても毒素が体外に排出できないからです。そして、腸管の状態が良くなれば良くなるほど毒素を体外へ排出できます。アメリカにいるDanドクター(自閉症専門医の集団)の中でも天才と言われたアーサー・クリーグスマン医師によると、「腸に炎症を伴っている自閉症患者に対して、炎症箇所を内視鏡などで詳しく確認し、クローン病と同じような薬物療法で炎症を鎮めることにより、自閉症の症状も改善するとの事。」そうなんです。実際、自閉症の子供は腸管炎症を慢性的に起こしていて、これにより毒素を排出するルート(メチル化経路)が壊れていることが多いのです。それだけでなく、アレルギーも起こし、健常な人間なら腸で多くの酵素を作り出し、脳内に送るのですが、腸管炎症を起こしていると、リーキーガット症候群(LGS)を引き起こし、こ…

続きを読む

この半年の変化

Danドクターがよくやっている腸の治療を年末で終える予定だ。この治療を始めたのが今年の6月初旬、この間、陸は大いに変わりました。この半年で変わった点をまとめると、、1.言語機能の向上6月までははっきりしなかった単語など発音がよくなり、未だに長い単語、説明はうまくないが、他の子供たちとも話しができるようになりました。2.癇癪がほとんど無くなる癇癪の元はアドレナリンの出すぎ、セロトニンの分泌不足、ウィルスによる脳内炎症が多大に関与していると考えられている。この説明は今までのブログでさんざんしてきたが、自閉症児は低血糖になりやすく、一旦血糖値が急激に下がると、アドレナリンが大量に放出されアドレナリンを抑えるセロトニンの分泌が間に合わなくなるからだ。ここではこの位にしておく。3.友達が増える他の子供たちと比べると今でも十分に喋れないと思うがそれでも自分から積極的にコミュニケーションを取りに行き、一緒に遊んでいる。すっかり友達も増え、休みの度に友達らが家に来ている。4.運動能力の向上去年の11月からスイミングスクールには通わせてたが、最近になって、補助輪無しの自転車をわずか20~30分で乗れるようになったり(僕は少ししか教えていない)、スイミングスクールで今までできなかったジャンプができるようになったりしました。5.我慢の回路の向上マグロを食べることがどれだけの弊害を陸に与えるか説明した後、陸は自分からマグロの摂取を避けるようになりました。それだけではなく自分でパンの摂取がイースト菌の摂取で体に悪影響を与え…

続きを読む