小学校での様子

さて陸君、カゼもすっかり良くなりました。しかし、陸のカゼは普段、丈夫でカゼを引かない僕に移ってしまいました。え~い!めんどくさい!!いらんセキが出るじゃないか!ラッキーなことに最近、歯医者へ行ったので、抗生物質を少し無理を言ってもらいました。これで直してしまえ!そのへんの内科医に行ったって、効かないカゼ薬をもらうだけなので、僕はカゼを引いてもめったなことでは医者に行きません。今回はママに移らなかったな~。ママはアレルギー科で殺菌効果のあるお茶をもらって呑んでいます。さて、陸君は小学校に入学して、今のところ支援学級に行くことなく、他の皆についていってるみたいです。授業中、特にうろついたり、問題を起こすこともありません。と陸についてくれている支援の先生からのお話しです。まだ簡単な線をなぞり書きとか簡単なことだけみたいです。陸はあっという間に書いて、暇そうにしていたそうです。しかしこれからひらがなとか書いて行かなくてはいけません。ずっと前から思っていたけど親が勉強を教えても、甘えてきて、あまり本人には実力はつかない。そうは言っても障害のある陸に勉強を教えていくのは至難の技だろう。一般的に障害のある人は右脳優位だと言われ、目でみたものの学習能力はすばらしいと言われている。その目で見て学習をしていくソフトで名前が何だったかド忘れしてしまったが、妻の話によるとクレヨンしんちゃんのTVコマーシャルで宣伝しているソフトがすばらしいらしい。元々、障害児用のソフトではないけれども障害のある子供が使ったところ、その効果…

続きを読む

カゼをこじらせる

4月に入って寒暖の差が大きく、陸君、カゼをこじらせました。アレルギー科でもらった漢方(小青竜湯)を飲んでいたが、朝は熱が下がるが、夜は38度以上の熱が続く。「ひょっとしてインフルエンザか?」と思い、アレルギー科へ連れて行った。診断の結果はカゼをこじらせただけだったみたいだが、陸の体に抗生物質は使えない。先生はインフルエンザ、カゼが長引き、すっきり治らない時に使う「ツムラ91竹じょ温胆湯」を出してくれた。そこで言われたが、「近くの小児科を押さえとかなあかんで!」僕はすかさず、「その辺の町医者じゃマニュアルどおりの薬しか出さないですよ!この子の体に配慮することなんてできないですよ!」「先生はやっぱりそうか、だけども抗生物質を使わなければどうしようもない時がある」と言っていた。その辺の小児科で陸の身体機能に配慮できたらここまで来ませんよ!先生。自閉症児の体にアセトアミノフェンの入った薬は神経毒になります。年末に近くの小児科でフロモックス錠75mg、メジコン錠をもらったが、副作用が大きく、癇癪がひどくなった。ネットでちょっと検索してみたら、メジコン錠って副作用だけもらって、まったく効かない例が多いみたい。考えてみれば抗生物質はどの成分が神経毒になるかわからないし、腸内で善球菌、悪玉菌全てを殺すので、使いたくない。今日で一週間、まだゴホゴホ言っている。カゼはバカにできない。早く直してくれ!陸!

続きを読む

卒園と入学式

3月末の卒園式は平日のため出れなかったが、妻の話では、まずまずの70点くらいだったそうだ。しか~し、入学となると環境の変化が大きいのか、そうはいかなかった。4/1に、学童保育の入所式は「家帰る!」としつこかったそうだ。今年の小学校入学は障害のある子がうちの子供を含めて3人いるらしいが入学式の前日に集まって、翌日の入学式のリハーサルを行った。ここでいきなりのハッスルだ。陸は体育館で祭壇上に上がって、ステージ脇のカーテンで「変身!」とか言って、仮面ライダーのマネゴトをし、その次はマイクのスイッチを入れてしゃべりはじめるわ、校長とのお話もあったのに動物園状態だったそうだ。僕が障害者施設で働いた時に見た、すぐ興奮状態になる人たちも変化に弱かった。一般的に障害があると変化に弱くすぐパニックを起こすとある。その原因は変化の後にある結果が想像できないので、心がものすごく不安になるからだ。そのために一般的には変化の前に今日のスケジュール等を絵カード、写真等で説明を行い、今日の見通しを付けるようにする。結果が想像できればパニックを起こすことがないからだ。陸がもっと小さい頃(3~4歳)毎朝、今日のスケジュールを説明していた。そのことを思い出して、今回、入学式の前にスケジュールを図解して、(学校に入るところ --> 入学式の模様をスケッチして説明した)陸に今日陸がすべきことを説明した。そうするとやはり入学式での新1年生の行進もできていたし、入学式の間、1時間位、おとなしく座っていた。昨日のこともあるので、支援の先…

続きを読む