1.5時間の法事で静かにしていた陸

陸のおじいいちゃんの法事が日曜日にあった。今までなら、 必ず騒ぎ出して、5分も大人しくしていられなかった陸が今回はどうしたことだろう。 「陸!しーっな!」と言うと、「パパ!しーっ!」と言っておとなしくしている。 前回のブレインジムに参加して以来、その場の状況に合わせた声と態度が備わってきた。 最初の40分は本当におとなしくしていた。後はさすがに少し長く、退屈さを何とかしようと 自分で遊び始めたが、妻が一緒にシール遊びをしたり、おやつを与えることで、1.5時間、最初から最後まで 大人でも退屈になる法事に参加することができた。 これはものすごいことである。陸には最近、ゾビラックスに変わってアメリカで自閉症治療でよく使われる 抗ウィルス剤:バルトレックスを医師に頼み込んで投与してもらっている。 HHV6による脳内炎症を抑えるのだ。これによって、「キィーッ!」となる 興奮性が抑えられている間に治療を行いましょうというのが アメリカのDanドクター(自閉症専門医)達の常識らしい。 このウィルスのおかげで、脳が正常に働かず、理解力も正常でなかったのだ。 今回は今まで言わなかった親戚のお姉ちゃんの名前も言えたし、妻のお姉さんにも 「おーちん」(おばちゃんと言ってるつもりらしい)と、新しい言葉が聞けた。 頑張れ!陸!!パパとママはいつもお前のことを第1に考えているぞ!!

続きを読む

予防接種は打たないで

最近、「インフルエンザワクチンは打たないで」という本と「まちがいだらけの予防接種」という本を読んでいる。 もともとは陸が保育所で「麻疹の予防接種はもう済みましたか?」とよく聞かれるので、 水銀:チメロサールの入っていない予防接種を受けようとしていた。 上記の本を読む機会があって、読んでみると驚かされた。 それによると予防接種ワクチンは何の役にも立たないこと、 (インフルエンザワクチンはもっと何の役にも立たない!) 打った方が麻疹にかかりやすくなり、また腸内環境がウィルスの影響で悪くなり、アレルギーのある子は(障害があると大概は何らかのアレルギーがあることが多いです)副作用のリスクが高くなるということ。 今まで多少は予防効果があると思っていたのに全く意味がないなんて、、、、。 何故予防接種を受けましょう!ということがよく言われるかというと、それはワクチン業界が儲かるからだ。 それは知っていた。陸は予防接種のおかげで自閉症を発症したかもしれないのだ。 陸が通っているアレルギー科の医師は言っていた。「予防接種は受けない方がいいよ!僕にも娘がいるけど、絶対受けさせないよ。」その言葉は予防接種の事実を知っていたからだ、、、。 「麻疹はおそろしい病気だから予防接種を受けたほうがいいよ」という医師が日本には圧倒的に 多い。なぜだろう?日本人はコマーシャルに弱く間違ったことでも簡単に信じてしまう傾向がある。 つまり、ワクチン業界のいいように躍らせやすいということ。 また、予防接種を打っ…

続きを読む

陸の変化

ママが「少し休む」と言って、フトンで休む。俺が皿を洗っていると、 陸は俺に対して「パパ!し-!ママ!ネンネ!」と小さなささやき声で俺に言う。 今までは自閉症特有の大声で、ボリュームが変わらなかったが、 場合に応じたボリュームで喋るなんて! どうしたんだ?陸!何が起こってる?最近したことは、 ゾビラックスの投与にブレインジムである。 右脳と左脳の神経回路がつながり始めた!と感じる一瞬である。 これはブレインジムにもっと参加し、家庭内でトレーニングするべきである。 同じ自閉症児がいる知っているママもブレインジムにはまっていた。 今ならその理由が分かるような気がする。

続きを読む